腰痛改善に保険が使える[事前にリサーチしておこう]

ミニチュア

選び方について

腰痛を抱える方で症状を改善させたい場合、どういった施設を利用すればいいのか、迷っている方もいるでしょう。まず、整形外科に関しては、整形外科医師が勤務し、ドクターによる治療や診察などの医療行為を受けられる施設です。整形外科を利用した方がよい場合は、広い範囲で神経症状が現れている時に行くようにしましょう。つぎに接骨院ですが、柔道整復師という、国家資格を所持した人間が勤める治療施設になります。この接骨院では、治療を受けられるのはもちろん、アフターフォローや日々のケアなど、様々なことに力を入れているのが特徴です。また、整体院については、保健所へ届け出をしていなくても、どんな方でも開設できる治療施設で、気になる腰痛のケアを念入りにやってくれます。以上のような、各施設の特徴を十分理解した上で、どの施設を選ぶのかきちんと決めましょう。

診察

いくらかかるのか

脊柱菅狭窄症や椎間板ヘルニアなどで腰痛が起きている場合、病院で手術を受け、腰痛を改善させることができます。そこで、椎間板ヘルニアの手術にかかる費用ですが、軽度から中度の腰椎椎間板ヘルニアの場合ですと、45万円近く費用が生じます。そして、中度から重症の腰椎椎間板ヘルニアの場合においては、130万円程度かかってくるでしょう。ただし、保険がきかない範囲ときく範囲があるため、手術を受ける前に、費用のことを詳しく聞いておくことが大事です。また、脊柱菅狭窄症については、内視鏡を使用して脊柱菅を拡大する手術を行い、かかる費用はおよそ130万円です。この手術に関しても、椎間板ヘルニアの手術と同じく、場所によっては保険がきいたりきかなかったりするため、しっかり確認を取るようにしましょう。

広告募集中