腰痛の痛みは実は首が原因のことも

腰痛の痛みは腰が原因だと考えている人もいますが、実は腰痛の中には首が原因で発生するものもあるのです。なぜ首が腰痛に関係するのかというと、首の骨が何らかの異常をきたし、神経が圧迫することによって腰に負担がかかっていることがあるからです。頸部脊柱管狭窄症や後縦靱帯骨化症は、そんな首や背骨が原因で痛みが発生するものの一つです。

首や背骨が原因である場合起きる症状

  • 手足のしびれ(神経の圧迫)
  • 首周りに極度なコリやこわばり(神経の刺激による筋肉の硬直)
  • 首の周りが痛む(神経の圧迫)
  • 握力の低下
  • 不定期に発生する腕のしびれや痛み
  • 排尿が困難(神経圧迫による膀胱傷害)

病院で相談を

頸部脊柱管狭窄症や後縦靱帯骨化症は、放置しても治る病気ではありません。頸部脊柱管狭窄症は首の神経が何らかの事情で圧迫されており、後縦靱帯骨化症は背骨の中にある靭帯が骨になってしまう病気です。これら2つはいわゆる難病であり、発症する確率は低いですが発症すると治療が極めて困難になります。よって、もし腰痛が長引くようであれば、一度病院で診てもらいましょう。

難病である縦靭帯骨化症の治療方法

おもちゃと聴診器

投薬治療

消炎鎮痛剤を痛む箇所に塗布して痛みを和らげ、また神経再生薬で阻害された神経の修復を促進します。

首をカラーで固定する

首を固定することで体のしびれや痛みを軽減できます。しかし、コレはあくまで保存療法であり、根本的な解決にはなりません。

外科手術で治療

椎弓形成術や後方除圧固定術など、外科手術を行って原因の元を切除します。

リハビリ

手術後は衰えた筋肉をリハビリによって回復させます。

完治

治療も終え、リハビリも終えれば晴れて完治です。

腰痛の痛みは背骨や頚椎が関係しているかもしれません

診察室

保存療法か手術療法か

首や背骨が原因の症状の中でも、頸部脊柱管狭窄症は治療が難しい病気です。よって、手術で治療を行うのが良いのですが、人によっては痛みや痺れは微々たるもので、日常生活に何ら問題がないという人もいます。そんな場合は手術を行うよりも保存療法で負担を減らせば、痺れや痛みを大幅に軽減でき、リスクも少ないです。

広告募集中